食中毒と食品検査の基礎知識

    「食」に携わるなら、ぜひ知っておきたい「食中毒」と「食品検査」の基礎知識。 「今更誰にも聞けない」そんな衛生管理者の疑問を解決するためのブログです。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    取引先から食品検査の成績書を出すよう言われたんだけど? 

    食品加工業者などが納入先の流通業者などから、食品検査の成績書の提出を求められることは以前からあったことですが、最近食の安全への関心が高まっている事もあって、そういうケースが増えているようです。 で、その要請を受けた場合ですが、まずは

    ①どの食材(製品)を検査しなければならないのか
    ②どの検査項目の成績書が必要なのか


    の2点を聞いてみましょう。

    一言に食品検査(ここでは微生物検査を指します)と言っても、例えば「卵ならサルモネラ」というように、食材それぞれに発生しやすい細菌があります。となると当然食材によって検査の内容も異なってきますので、まずは「何の食材(製品)を検査するのか」を確認しましょう。

    続いて、その取引先がどういう意図で成績書の提出を求めているかによって、検査内容がことなってくることもあります。

    例えば、
    「最近卵食材から細菌が検出されたので、全部チェックしておきたい」というケースだとします。恐らく、より念を入れた検査をしようと思うでしょうから、通常卵製品で検査する「一般生菌数」「大腸菌群」「サルモネラ菌」に加えて、「黄色ブドウ球菌」や「セレウス菌」の検査もしたいとなるかも知れません。

    検査項目について取引先から特に指定がない場合は、コチラの表を参考にするか、食品検査会社に問い合わせてみるといいでしょう。

    ちなみに、「卵製品の検査を」と依頼された場合、「じゃあ、一般生菌数と大腸菌群、サルモネラでいいですか?」と返すことが出来たら、「お?コイツできるな。」と思われるかも知れませんよ。(笑)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    ブログ内検索
    全記事表示リンク
    カテゴリー
    FC2カウンター


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。