食中毒と食品検査の基礎知識

    「食」に携わるなら、ぜひ知っておきたい「食中毒」と「食品検査」の基礎知識。 「今更誰にも聞けない」そんな衛生管理者の疑問を解決するためのブログです。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    食中毒の発生件数 

    じゃあ実際、食中毒ってどの位発生しているの?

    ということで、調べてみました。



    私が住んでいる四国四県の、食中毒の発生件数です。

     

    平成18年

    平成19年

    件数

    患者

    死者

    件数

    患者

    死者

    香川県

    10

    313

    -

    8

    441

    -

    愛媛県

    20

    727

    -

    16

    581

    -

    徳島県

    9

    102

    -

    3

    289

    -

    高知県

    8

    282

    1

    6

    152

    -

    全国

    1,491

    39,026

    6

    1,289

    33,477

    7

    ※厚生労働省調べ

     

    平成19年は、四国全体で33件の食中毒が発生、およそ1500人の患者が出ています。

     

    これを多いと見るか少ないと見るかですが、少なくとも患者数は結構多いですよね。単純計算でも、1件の食中毒あたり40名以上の患者が出ているわけですから、当事者はかなり大変であったであろうことは、想像に難くありません。

     

    件数も、平均すると毎月1~2件は四国のどこかで食中毒が発生しているワケですから、決して少ないとは言えないはずです。

     

    もちろん、どの施設も食中毒にならないよう気を配っていたはずですから、「いつ自分のところで発生してもおかしくない」くらいの心積もりでいたいところです。

     

    [ 2009/08/03 20:13 ] 食中毒の基礎知識 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    ブログ内検索
    全記事表示リンク
    カテゴリー
    FC2カウンター


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。