食中毒と食品検査の基礎知識

    「食」に携わるなら、ぜひ知っておきたい「食中毒」と「食品検査」の基礎知識。 「今更誰にも聞けない」そんな衛生管理者の疑問を解決するためのブログです。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    自社で食中毒が発生した時の対処方法 

    出来れば想像したくない、自社工場や店舗での食中毒の発生 ― 。

    しかし、万が一発生してしまった場合は、(ある意味腹をくくって)保健所に連絡しましょう。

    基本的には保険所の指示に従うことになりますが、

    1患者には誠意を持って対応し、状況の把握に努める。
    2現場の保存と食品の拡散防止に努め、保健所の調査に協力する。
    3原因が客観的に認められ、またはその疑いがある場合は、自主的に休業し、保健所の指示を待つ。


    といった対応を行うことが重要です。

    食に携わるものとして、被害の蔓延・再発の防止に努めることは当然の義務であり、間違っても隠蔽しようなどとは思ってはいけません。そんなことをすると、自身の信用を失い、回復不可能なダメージを受けてしまうことになります。

    ところが、いざ発生すると頭がパニックになってしまうもの。一部の従業員が、自らの処分を恐れて隠蔽しようとすることだってあります。

    そうした事態を避けるためには、ふだんから、食中毒等食品事故が発生した場合の指示系統や対応の仕方について、営業者及び食品衛生責任者を中心にして話し合い、これを決めておくことが重要となります。
    [ 2009/07/15 11:01 ] 食中毒の基礎知識 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    ブログ内検索
    全記事表示リンク
    カテゴリー
    FC2カウンター


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。